2017年11月22日

市議会に赤ちゃんが出席! → 即、退場・・・

 熊本市議会で育児中の女性議員(緒方夕佳議員)が赤ちゃんと共に出席しようとしたのですが、結局赤ちゃんは退場、会議の開会が40分遅れるというニュースがありました。(引用: http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3218235.html

 引用した記事の中でこの件について市民に賛成か反対かマスコミが意見を集めておりました。

 まず、マスコミのこのYESかNOか式の質問にものすごい違和感を感じます。このようなマスコミの質問と、質問に対する市民の回答がますます育児問題を誤解の多いものにしているように感じたからです。

 ここからは私の意見なのですが、ちゃんと論点を分けて意見を言うと・・・
  ①熊本市議会では前例のない、任期中の出産
⇒前例の有無にかかわらず、任期中に妊娠出産することに何の問題があるのでしょうか?どのような職場でも女性の妊娠・出産は自由であるべきと思いますので堂々と議員をしてほしいと思います。給料が税金から出ているとかも関係ないでしょ。
  ②子育て中の女性も議員として活動できる環境を目指そう
⇒育児をしながら議員活動、素晴らしいことだと思います。育児をしながらだからこそ見えてくる問題点や課題、行政の在り方をぜひ議論してほしいと思います。加えて育休を希望する議員にはぜひ育休を取得していただき、妊娠・出産が本人のやりたい仕事をあきらめるきっかけにならないようにしてほしいと思います。
  ③議長や議会事務局に囲まれ、赤ちゃんを退場させるよう促され
⇒赤ちゃんを退場させた後が気になります。議場の周辺にキッズスペースや、保育士の方等はいらっしゃったのでしょうか?このような環境づくりこそ行政のほうでしっかり進めてほしいものです。もし環境が整っていないのに退場させていたのだとしたら、たとえ事務局の方に面倒を見てもらえたとしても、親は心配です。

ただし次の点に関しては議員の方に問題があると思います。
  ④なんと生後7か月の長男を連れて議場入り。議長などへ事前に知らせず強行
⇒根回しもしないでいきなりやるのはさすがにおかしいと思います。特に市議会議員は市政を担う立派な政治家です。根回しというのは(牛歩戦術wなんかよりもよっぽどちゃんとした)政治手法の一つだとおもいます。こういったことをおろそかにすると、これまで頑張っていろいろ根回しをして長期育休を取得したり、同僚と業務のすり合わせをしながらに時短で働いたりして、会社や組織に迷惑をかけないようにして、少しずつ少しずつ育児に対する理解が得られるよう頑張ってきたほかの子育てママやパパの地道な努力が、この議員の行動によって子育て中の親は傲慢だとか育児中であることを盾に周りに配慮をしない⇒特別扱いを認めるな、みたいな偏見によって吹き飛ばされてしまうのではないか心配です。
  ⑤幅広い市民の声を届けたいと話す緒方議員
⇒幅広い市民の意見を届けることと、育児中だからと言っていきなり権利を主張して子供を議場へ連れてくることは異なります(そもそも幅広いか???)。④と同じ理由でよくないことだと思います。

 う~ん。YES/NOで語れる問題ではない気がするなぁ…

 国会では幼児教育無償化が議論されており、育児に対する議論が深まっており、ウチのような子供のいる家庭は育児環境の改善を期待しております。
 ぜひ議員の方には国会、県議会、市町村議会問わず活発に育児について議論していただき、逆に育児をする議員は育児中の親やその子供の足を引っ張らないような態度で頑張っていただきたいなぁと思いました。
akachan_haihai.png
<画像>「いらすとや」さま


posted by 40代にて初育児の主夫 at 17:22| Comment(0) | 主夫のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無事出産しました―帝王切開と立会出産

 先日うちの子が無事出産したのですが、帝王切開での出産に立ち会ってきました。
 事前の話では妊婦の顔側と下半身側の間に仕切があり、お父さんはお母さんの顔の側にいるので帝王切開の時は出てくるところは見れないよ、と聞いておりました。

 いざ出産ということで、妊婦に麻酔の処置を施した後に手術室に入って着席を促されます。

 お父さんはお母さんの手を握って励ましてくださいねと言われたので、席に座り妻の手を取ると・・・帝王切開、仕切りの脇から見ることができるじゃあーりませんか(笑)

 最初に驚いたのはメスをおなかにいれると血がドピュっと飛び出るところ(そらそうよ)。料理で肉や刺身を切るのと訳が違いますね。

 次に驚いたところ、案外切る長さはそれほど長くなく、なんと複数のお医者さんが切ったところをギューギュー引っ張りながら赤ちゃんを取り出すところ。その際妻は気持ち悪いと訴えておりましたが、内臓をギューギュー引っ張られていたらそりゃ気持ち悪いでしょうよ。あまりの強引なやり方にこっちもびっくり!
 でもよくよく考えれば、手術跡を最小限にするため、切開部分を小さくしておいて、その代わり小さい切れ目を引っ張って赤ちゃんを取りだしていたのでしょう。大きく切ったらその分傷跡も大きくなっちゃいますしね。

 最後に驚いたのは、妻のおなかの切れ目から毛むくじゃらのカタマリが出てきたこと。
 赤ちゃんでした。(パチパチ)

 こちらは妻を励ますために来ておりますので、「大丈夫?」とか「あとちょっとだよ」とか手を握りながら話しかけますが、視線はどうしても手術のほうに持ってかれてしましました。←ばれておりましたが

 赤ちゃんが取り出され、我々のそばまで連れてきて頂いて、二人で赤ちゃんを見たところでわたくしは手術室から退場させられました。

 退室の際、お医者さんは妻の子宮をおなかの上にのせて、裁縫でもするかのようにチクチクと切開部を縫合しておりましたのが印象的でした。

・帝王切開の立ち合いのいいところ
 緊急の帝王切開でなければ手術日が決まっておりますので立ち合いの予定が立てやすかったです。

・帝王切開の立ち合いの注意点
 座る場所によっては手術はモロ見えです。スプラッタが苦手な方はご注意ください。(病院によるのかな?)また、手術に気を取られすぎると私のように後ほどになって妻にちゃんと励ましていなかった、手術に気を取られてただろと指摘を受けてしまいます。

ちなみに、男の子でした。
出産.jpg
posted by 40代にて初育児の主夫 at 13:27| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。