2017年12月17日

児童手当の見直し。「減らす」ほうへ!

 児童手当の見直しが検討されているようです。(引用JIJI.COM⇒https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121600018&g=soc)。それも減らされるほうに…

 幼児教育無償化といううれしいニュースがあった直後です。あげて落とすってバラエティー番組のMCか~い。

 せめて逆の順番なら不満も少なかろうに、とも思いますが、幼児教育無償化の財源についての指摘を受け、バランスをとった、ということですかね。

 基本的には所得の多い世帯が対象で、これまで夫婦のうち所得の多いほうを基準に所得制限を設けていたようですが、それが夫婦合算の額になるようです。児童手当を受ける資格の判定基準が厳しくなるようですね。

 今まで所得制限ギリギリの給与を得ていた共働き世帯は、給与の少ない側の親の所得が合算されることで児童手当の給付が受けられなくなることもありそうです。

 児童手当は15歳まで受けられますので、給付が受けられなくなると、5歳までの幼児教育の無償化によるプラスと併せて考えても断然マイナスになります。

 うちには今のところ影響はなさそうですが(笑)

 所得の格差の是正の意味合いもあるかもしれませんが、共働き世帯は子供を預けたりする負担が大きいのも事実。このようなことが原因で女性が社会進出をあきらめ、家庭に縛り付けらる要因にならなければいいのですが。

 「世界男女格差ランキング2017(The Global Gender Gap Report 2017)」では日本の男女格差は117位だそうです。所得格差と男女格差のトレードオフの問題も児童手当の見直しには潜んでいるかもしれませんね。

子育て関係の財源を子育て関係の財源から持ってくるのではなく、ほかの方法はなかったのかな…
money_chingin_kakusa_woman.png
<画像>「いらすとや」さま


posted by 40代にて初育児の主夫 at 14:45| Comment(0) | 主夫のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

STOKKE無料撮影イベント@Aoビル

 表参道にありますAoビルの1Fにストッケ青山店が11月23日にオープンしたことを記念するイベントとして、プロのカメラマンさんに無料で家族写真を撮影してもらえるフォトイベントが開催されておりました。
 せっかくなので撮影してもらいました。
stokke_free.jpg
 写真を見てもよくわからんと思いますが、うちの息子きちんとカメラ目線ができました。えらい!

 ちなみにうちは
「育児よろず情報Vol.3」 ベビーカー」

「育児よろず情報Vol.4」 チャイルドシート

「育児よろず情報vol.8」 ストッケのベビーカーとチャイルドシートの互換性
といった記事を挙げている通り、ストッケのユーザーです。

 無料撮影のついでに「トリップ トラップ」という幼児用の椅子の営業をしっかり受けてきました。心が動きます。一緒に食卓が囲めたらいいだろな。

 ストッケのロゴを消したら年賀状に使えるかななどと妻と話しつつ、お隣の「俺のフレンチ・イタリアン」でお店の人に幼児連れでも問題ないか聞くと快くお店に通していいただけました。

 周りの方にご迷惑を掛けたらどうしようと心配しておりましたが、結構私たち以外にも子連れのお客さんがいらっしゃり心強い限りでした。おそらくストッケのイベントの影響でしょう。

 食事後にぐずる息子のおむつ替えをしました。2~4階フロアには障碍者・幼児用トイレがあり、作業台の上で楽々とおむつ交換ができました。広さも十分あり、ベビーカーをトイレ内に入れることができました。
 ただ授乳室はないようですね。残念。

 すこし建物内を回るとベビー用品を扱うお店などもあり(お店の名前は忘れた^^;)、STOKKEの新規オープンなどとも併せて考えるに、Aoビルは子供世帯向けに寄せつつあるのかな?といった感想を持ちました。
ラベル:ストッケ STOKKE
posted by 40代にて初育児の主夫 at 18:44| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

退院

 先日、長い入院を経て、ようやく母子ともに退院にこぎつけました。

 私たちは産後ケア入院でしたので本当に入院が長期になりました。
 産後ケア入院というのは通常の出産後の入院に加えて入院を継続することで、出産後の母体の回復、新生児の出産後、医療機関にお世話してもらい、また赤ちゃんのお世話の仕方を指導していただくというプログラムです。特に私の妻のように高齢出産・初産・帝王切開といった状況ではとっっっっっても助かりました。

 退院の日は妻と一緒に病院で朝食をとった後、荷物を整理(出産のお見舞いで荷物が多くなるといううれしい悲鳴がありました)し、わたくしは車を出しに一足先に家に戻りました。

 もうこれだけで結構なバタバタで午前中いっぱい時間がかかり、戻ってから病院のお昼をいただき荷物を車に詰め込み、先生に挨拶し、看護婦さん・助産師さんの大勢の見送りとともに家に向かいました。

 妻は実に約1か月ぶりの帰宅です。我が子はこれがようやく初めの自宅となりました。まぁ自分は洗濯物を洗いにしばしば家に戻ってたので久しぶり感はありませんが。主夫ですから。

 これが君の住処だぞ。病院のほうが慣れちゃってると思うがな。

 部屋はキンキンに冷えており(何故車で病院に来る前に暖房つけとかなかったか、と怒られました(笑))、妻と子は疲れ切ってすぐに布団で横になったので、とりあえずわたくしは荷物をほどこうとしたところで…

 退院の記念撮影を忘れましたwwwせっかく息子に家から持ってきた退院用の一張羅着せたのに~
不発.jpg
 もしかしたら看護婦さんたちこの服装を見て記念撮影するだろうと思ってついてきてくれていたのかもしれないっすね~。気だけ使わせて何もせずとは…なんでわざわざその服にしたって思ったでしょうね(笑)

 出産後の約ひと月の間は食事の準備や皿洗いから解放されておりましたが、明日から主夫業再開ですぞ!

 今日の迷言「ずっと病院にいたからこの子ここから学校に通うかと思った」by看護婦さん
posted by 40代にて初育児の主夫 at 17:50| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

おむつ大量消費中

 育児も3週間たってきたころ、息子にある変化が生じました。

 おむつを外すとうんこしっこを飛ばす、もしくはおむつ変えた直後に出す、という特性を身に着けたのです。

 思えば、1週目くらいから肛門を中心にお尻が赤くなっていたので薬が処方されていたのですが、息子はきっとムレが苦手なんだと思われます。

 おむつから解放された瞬間、もしくは新品のムレてないおむつの状態がきもちよくてついつい発射してしまうのでしょう。

 私も最初は反射的に身をかわしていたのですが、そうすると被害が広範に及ぶことが分かったので、今は予兆を感じたら交換中のおむつでガードすることにしました。叩いてかぶってジャンけんぽんで常に負けた状態から戦っているような状況です。

 いずれは治ってくれることを期待するしかありません…
kids_tataitekabutte.png
posted by 40代にて初育児の主夫 at 18:57| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

育児界からの男性排除を感じる件

 前回、【主夫】として噂の東京マガジン「やってTRY!」をどう視るかで古いおじさんから感じる女性観とそこから感じる主夫という考え方への浸透の低さ・無理解について書いてみました。

 今回はその逆パターンです。

 最近妻の妊娠・出産を機にたまひよ系雑誌や、区や保健所から配られる冊子、ネット検索などからいろいろ情報を収集しており、いずれもためになる情報、有益な制度、有用性の高い育児グッズ等、様々な知識を蓄えるの非常に助かっております。

 ただ、それらの情報のほとんどで主語にママやお母さん等女性を指す言葉が使用されており、ひじょーに気になる点であったりします。

 確かにこれらの情報を主に享受し利用するのは女性でしょう。ただ、やはりこのような主語の使い方をされると育児界は男性の参入を嫌悪しているのかななーんて感じてしまったりもします。

 例えば雑誌であれば、パパ向けの雑誌を刊行しろと言っているわけではありません。そんなの潜在的読者数はいまだ商売になるほどいないだろうなというのはわかります。でも、記事のママをママ・パパ並列表記やご両親等に置き換えても大抵の文章は破綻しなかろうと思いますし、お父さんも育児に参加して当然、みたいな空気を醸すこともできるでしょう。
 例えば「ママにおすすめ!便利な育児グッズ!」みたいなタイトルの記事があったら特に育児に消極的なお父さんであれば(俺には関係ない記事だろうな)と思い読む気も起らないと思います。でも実際は便利グッズを使うよりもおそらくはお父さんが積極的に育児に参加してくれたほうがお母さんの負担は減るでしょうし、そのうえでさらに便利グッズなど使えば効果は倍増でしょう。

 区役所のお知らせであれば、たまたまお母さんが用事がある日に区民ホールで「ママと一緒にリトミック!」などというイベントが企画されたとして、育児に消極的なお父さんであれば(ママって書いてあるし行ったらよくないな)といかないための積極的な理由付けをすると思います。小さい文字の詳細でパパの参加も大歓迎などと書いてあってもタイトルでパパ排除を感じていたら読まない人もいるでしょう。

 当然主語がママでなければならないものもあるでしょう。例えば授乳(ミルクじゃなくて)に関するトラブルを扱う記事は男性には関係ないですし、授乳に関する保健所の相談会など企画するときに男性がその相談会場にウロついていたらそれは不審だと思いまし、そのような男性にはお引き取りいただくのが正解でしょう。

 衆議院選では小池氏の排除の理論が議論を醸しましたが、育児界での男性排除、もしくは女性のみが育児の主役という風潮はなくなるといいなぁと思いました。
thumbnail_message_hairanaidene.jpg
<画像>「いらすとや」さま
ラベル:育児
posted by 40代にて初育児の主夫 at 11:57| Comment(0) | 主夫のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。