2018年01月22日

「育児よろず情報vol.22」 ベビーバスを使ってみた





新着記事「「育児よろず情報vol.22」 ベビーバスを使ってみた」

以前紹介したベビーバスを実際に使ってみました。
スキナベーブはお湯に溶かしてそのお湯で洗うだけなのでとても楽ちんです。
ベビーバスは
①空気を入れるのにそんなに時間がかからない
②ベビーバスに必要なお湯が少なくて済む
③使用後に簡単に乾燥
で赤ちゃんの沐浴・入浴の際の負担が経るよう工夫されていると感じました。


アカチャンホンポの
 くうきdeふんわりベビーバス
持田ヘルスケア
 スキナベーブ

お風呂.png
音楽「HURT RECORD」


posted by 40代にて初育児の主夫 at 19:40| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

初!予防接種!

 こないだ、妻と親子三人で息子の予防接種に行ってまいりました。

 初・予防接種!です。事前に予約をしておいたのですが、ほかの子供の予防接種やインフルエンザの予防接種のピークと被ったのか、当初希望した日よりも数日あとになりました。


 出産でお世話になった病院に行ったのですが、妊娠・出産までは産婦人科のお世話になってたのですが、予防接種からは小児科になるんですね~。3種類の定期接種に加えて、ロタウイルスウイルスの任意接種を受けてきました。

 受付を済ませて小児科へ向かいます。小児科前ではギャン泣きしている子供もおり、異様な雰囲気ですが、息子はすやすやと寝ておりました。これから痛い目に合うなんて思ってないんだろうな~。

 しかし、うちの子の名前が呼ばれ中に入ると、となりの部屋で泣いている子供の声、家とは違う消毒のにおいなどに何かおかしいと感じるものがあったのでしょうか、ギャン泣きではありませんがぐずぐずと泣き始めました。

 なかなか勘が鋭いではないか!


 小児科の中にはアン〇ンマングッズで埋め尽くされております。やっぱりアン〇ンマンは子供から絶大な支持を受けているようですね~。でもうちの子はまだアンパンマン神のことがわかりません。


 で、最初の一発目の注射を腕にぶっ刺されたときにはギャン泣きで。そこから2本目、3本目を注射されてる間はもう泣き止むことはありませんでした。

 かわいそうだけど、なぜだか注射されてギャン泣きしている様子はかわいいのぅ。


 妻に聞けば注射は初めてではないようですが(1か月検診の検査の時に一回血を取られているようです)、さすがに3本連続は痛かったみたいですね~。

 ロタ?は経口でした。


 予防接種の異常な反応が出たら、またロタは経口なので吐き戻したらにすぐに小児科に行けるよう終わってから30分くらい院内にいてください、とのことでしたのでその間に次回の予防接種の予約をしてあとは病院をプラプラしていたのですがその間中ふにゃふにゃと泣いておりました。

 もう次来るときには注射バレするかねぇ?
medical_yobou_chuusya_baby.png
<画像>「いらすとや」さま
posted by 40代にて初育児の主夫 at 09:18| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

おむつからウ〇チ漏れ →ガックシからの~ →成長を実感

 ここ最近、続けて息子のおむつからウ〇チが漏れてます。

 ウ〇チが漏れると、肌着や服についたウ〇チを手洗いしなきゃいけないし、おむつ交換の時ならシート(うちはペット用シーツを使っています(笑)を敷いてあらかじめ防御できるからいいんですが、ウ〇チ漏れは場合によってはシーツ交換まで必要になるので非常にガックシ来ます。

 ウ〇チの間隔も開いてきたから一回あたりの量が増えたのか、自分(←おむつ係)のおむつの付け方・付ける位置が悪いのか…


 でもなんかこれ去年同じことがあったな。


 我々産後ケア入院を利用して、出産後、病院に約1月ほど親子3人で入院させていただいていたのですが、退院予定の日が近づいてきたあたりに、やっぱりウ〇チ漏れが頻発しておりました。

 助産師さんにおむつの付け方が悪いのか相談したら、「もう5キロ超えそうですし退院後はおむつは新生児用じゃなくてSサイズ買ってくださいね~」とのこと。退院後Sサイズのおむつを使うと見事にウ〇チの漏れがなくなりました。あれ?これと同じ?


 早速息子の体重を図ってみると……… パンパカパーン!!! なんと体重6キロ超えていました!

 いつの間に!?


 おむつのパッケージを見てみるとSサイズは一応は8キロまで対応しているようですが、6キロからはMサイズも使えるではありませんか。


 ウ〇チの漏れは息子の成長の証し!ガックシ感が一気に吹っ飛びました。

 ウ〇チ連呼でなんかすんません…
akachan_omutsu.png
<画像>「いらすとや」さま
posted by 40代にて初育児の主夫 at 12:07| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ヒルドイドの効き目 ― ヒルドイド vs. あせも&毛穴の赤み

 息子が生まれてすぐに顔中ブツブツの肌荒れを起こし、医者からヒルドイドを処方してもらったことを以前に記事に書いたことがあります。あの頃は美容液代わりに入手したがる人が話題になっており、テレビのニュースなどで連日取り上げられておりました。

 そんなタイミングで息子がお医者さんからヒルドイドローションを処方してもらったものだから、当時は「これは今話題のヒルドイドじゃないか!」と面白がってブログでも紹介したものです。


 そのヒルドイドも今やすっかり話題にも上がらなくなっておりますが、最初に処方されたヒルドイドがまだ余っており、今は胸や背中にあせものようなものが出ているのでそこに塗り続けております。

 息子のあせも的な赤い肌荒れはなかなか治らないのですが、意外なところでヒルドイドの薬効が確認できました!

 息子もようやく2か月の赤子なので体が小さく、少量を手に取って塗るのですが伸ばしきれず余ることがあるのです。その時に私は余った分を自分の胸にこすりつけておりました。

 というのもわたくしの胸には胸毛が生えており(なんか汚い話ですみません…)毛のせいで蒸れやすいのか胸毛の周辺だけ毛穴が赤くなっております(汚い話で重ね重ね申し訳ございません…)。

 その毛穴の赤みがなにやら薄くなってきたのです!


 炎症に対して効果がみられました。ヒルドイドは美容保湿クリームではなくてやっぱり医薬品として使うべきですよね。

 これぞ正しい使い方!っていうか自分に効果を出すんじゃなくて早く息子のあせも的なヤツ直してくれよ→ヒルドイド

DSC_0042.JPG
posted by 40代にて初育児の主夫 at 16:44| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

「まんが親」という父親視点からの育児の漫画が面白い&参考になる

 以前「おっぱいがほしい」という本を紹介しましたが、男性側の視点から描かれた作品で漫画もあります。

 「まんが親」吉田戦車です。

 こちらの「DMM.com 電子書籍」をはじめとする電子書籍サイトで試し読みができるので是非読んでみてください。




 吉田戦車さんといえばわたくし世代ならばかわうそ君が出てくる「伝染るんです。」なんかが代表作として思い浮かびますが、本作品ではシュール系ギャグマンガ家特有の視点で育児を観察しているさまがとても面白いです(この作品自体はシュール系ギャグマンガではありません。観察系ギャグマンガ、とでも言いましょうか)。
 思わず全巻揃えてしまいました。


 吉田戦車さんの男親としてかなり積極的に育児に(1巻では出産後の家事にも)参加されている姿勢が作品から伝わってくるのですが、おれって完ぺきな親をしているんだぜ~、という押しつけがましさは強調されていない点に好感が持てます。

 例えばおくさん(伊藤理佐さん:こちらも漫画家)が子供と実家に戻っているときなんかは非常に羽を伸ばしてらっっしゃる描写とか、伊藤理佐さんが書かれる途中のコラムなんかで、おむつの交換はしてくれない等の少し隙のある点もバラされていたりします。(ネタばれになるのであまり書けませんが)


 ものすごく一生懸命だけど、できないところはおくさまに頼っています、的な部分に読者として励まされもし、これぐらいできればいいよねとほっとさせられもします。

 娘さんが成長していくにつれて、特に後半の巻ではネタ集めに苦心されている描写が出てきますが、面白い赤ちゃん語が減ってきたりするのも成長の跡が逆に読者に伝わってきます。


 世の中にたくさんの育児まんがが出てきておりますが、その中ではまだまだ割合の少ない男性視点の育児まんがということで強くお勧めしたい作品です。


61q+R2KEbcL.jpg
posted by 40代にて初育児の主夫 at 12:38| Comment(0) | 主夫・育児系の本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。