2018年01月16日

手を発見する!※ただし右手のみ

 ここ一週間、自分の握りこぶしをじーっと見ている時間が増えました。

 どうやら「手」を発見したようです。

 さっきまで泣いてたのにおとなしくなったな~寝たのかな~と思って見てみると実は寝てはおらず自分のこぶしを見つめている…という風景をよく目にします。


 右手を天に突き上げてこぶしを見るさまは北斗の拳の名シーンであるラオウの
   「わが生涯に
       一片の悔いなし!!」
を思い起こさせますね(笑)

 生まれたばかりですしね。そんな後悔するようなこともないだろうよ。(お父さんにウンコひっかけたことは悔いてもいいんだよ!)
DSC_0068~1.jpg

 右手を見ているな~と気づいて約1週間ほどたちますが、なぜか左手は発見していないようです。全然見ません。


 右利きとか関係あるのかなぁ?


ラベル:右手 主夫 育児
posted by 40代にて初育児の主夫 at 10:48| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

設備が充実!@新宿高島屋

 先日妻の両親と会食、ということで新宿高島屋に行ってまいりました。

 とはいえここは息子にとって初デビューというわけではなく、数回ほど地下の食品売り場に来たことはあります。レストランフロアでの食事が初ですね~。


 普段の買い物は近くのスーパーにチャリンコで行くことが多いわけですが、買うものの量が多いとき、贈り物のお菓子を買いたいときに加えて、天気が悪いときなんかは、駐車場が地下のデパートの食品売り場なんかを利用すると車で家から売り場までぬれずに行けるので、ベビーカーの出し入れ等も含めて楽なので食品売り場は息子といったことがあったのです。


 このときに、地下駐車場のエレベータ脇に店内用のベビーカーなんかが置いててあるのを見て、新宿高島屋ま赤ちゃん連れを主要ターゲットに入れているな、と思ったわけですが、読みが当たりました!

 今回は13階の「つばめグリル」に伺ったのですが、まず子供連れが多く、それだけで安心しました。うちの子は2か月そこらでしたのでその中でも一番小さいぐらいですが、もっと小さいんじゃないかっていう子もいたので何となく泣かれても許容されるかな?っていう雰囲気にこちらもリラックスして食事がとれました。

 まだうちの子には早いけど、子供用のお皿とマグカップとフォーク、子供用イスなども用意されており、今後もぜひつばめグリルを使わせていただこうと思ったりもしました。

 ハンバーグはもちろん頼んだのですが、季節限定?の焼き牡蛎が気も大変おいしゅうございました。ビール?当然頂きましたとも(その日は車ではありませんでした)!


 で恒例の授乳室、おむつ台コーナーのチェックなのですが、これが非常に充実しておりました!

 最近の記事で少し授乳室ルールについてクサしておりましたが、わたくしも文句ばかり言っているわけではないのです。よいところは良いと感じるのです!

 まず、おむつ交換台の数が多い!そして使い捨ておむつ交換シートが用意されています。
DSC_0072~1.JPG

 これもあると便利なのですが、おむつ捨て場があります。しかも密閉するタイプなので部屋ににおいがこもっておりません!
DSC_0074~1.JPG

 授乳室に男性でも利用可能なお湯と流しがあり…
DSC_0076~1.JPG

 ちゃんと女性専用と明記された授乳コーナーがありました。
DSC_0075~1.JPG

 このように設備が整備されているうえで、男性も利用可能なスペース、女性専用スペースが明記されて分離されていると、非常に使いやすいですよね。


 こういう風に授乳コーナーが用意されていると、男でも入りやすく、前回の記事で言うような、暗示的な男性排除感なんかはみじんも感じないわけです。

 ということでわたくしの中の新宿高島屋の好感度が一気に上がりました!


 皆さんも利用してみてくださいね~


 あ、あと新宿高島屋の9階のベビー服売り場で冬物がセールになっていましたよ~。まだまだ寒い日が続いております。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


持ってったもの:
おむつ、おしりふき、スリング、ベビーカー(使った)、寒さ対策のブランケット
哺乳瓶、おむつ交換用使い捨てシート、お湯、スティックミルク(使わなかった)
posted by 40代にて初育児の主夫 at 12:02| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

「育児よろず情報vol.21」 食事セット





新着記事「「育児よろず情報vol.21」 食事セット」

子どもの離乳食開始後に使える食事用の育児グッズです。
ご飯が食べれるようになるのが待ち遠しくなりますね~


ビベッタ(Bibetta)
 ウルトラビブ
イージーピージー(ezpz)
 ハッピーマット
ル・クルーゼ(LE CREUSET)
 ベビー・ボール&スプーン・セット
 ベビー・マルチプレート&ラムカン

IMG_2005.JPG
音楽「HURT RECORD」
posted by 40代にて初育児の主夫 at 21:46| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

「育児よろず情報vol.20」 哺乳びんの消毒





新着記事「「育児よろず情報vol.20」 哺乳びんの消毒」

 実際に電子レンジを使った哺乳瓶(あとおしゃぶり)の消毒をやってみました。
 消毒ケースのサイズはコンパクトですので、たいていの電子レンジなら問題はないでしょう。
 水を入れて電子レンジに入れるだけですので本当に簡単です。


ピジョン(pigeon)
 哺乳瓶野菜洗い
ピジョン(pigeon)
 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース
シャープ
 ヘルシオAX-XP200

音楽「HURT RECORD」
posted by 40代にて初育児の主夫 at 09:52| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

主夫を概観してみる。

 わたくしここ数年主夫をしておりますが、改めて主夫って何だろうと考えてみました。

 「主夫」は広辞苑に載っていないみたいです。広辞苑なる高尚で高価な書籍は家においてないのでネット調べです。(^^;)

 2017年には数年ぶりに広辞苑の大改訂が行われたことがニュースになりましたが、追加された新語を見ても主夫ってのってないですね。

 やはりあんまり日本では定着していないようです。

 これまでいろいろな記事でも愚痴をこぼしておりましたが、やはり今のところ少なくとも日本では主婦というのはあまり市民権を得ていない気がします。日本ではやはり一家の大黒柱を中心とする家族像が理想とされている感じがして、勝手にそのヒエラルキーを考えてみますと、
働くお父さん × 専業主婦
V
働くお父さん × 兼業主婦
V
共働き世帯(父イクメン・家事協力)
V
共働き世帯
V
専業主夫×ワーママ
V
兼業主夫×ワーママ


だと思うんですよ。勝手な主観ですけど…

 まずぱっと見でわかっていただけると思うんですが、今の日本の社会では父親が働くほうがヒエラルキーが上になっております。例えば、大学時代の集まりなんかで、「今俺主夫してんだよね」っていうとやはり何割かの人はえ~?大丈夫?みたいな反応をしてきます。(同期とかでないと知らない人が多いです。)

 そう、男が働いていないと、家の収入が不安定だと思われてしまうんです!「え~?」って言ってる人の何人かは絶対うちの妻より収入が下の人いると思うんですけど…

 次にこれも何となくの印象なんですが、上のヒエラルキー見てもらいますとわかるように、兼業主婦・兼業主夫よりも専業主婦・専業主夫のほうが上位に来ているように感じます。
 専業主婦に関しては、奥さんが旦那さんに楽をさせてもらっているいい家庭、というニュアンスがあり、これもやはり家の働き手は男で一家を養うだけの頼りがいがなければならぬという日本の伝統的慣習(もはや信仰?)を感じさせます。

 一方で、主夫のほうはと言いますと、兼業で主婦をやっていると、もう奥さんのほうが収入が多いんだからいい加減その仕事諦めたら?とか主夫としての覚悟が足らん、的な空気(というか直接ではなくてネットや文章から)の圧力を感じます。すいません。こっちはほとんどわたくしの思い込みに近いですが…

 わたくしはそのヒエラルキー最底辺の兼業主婦をしております。
 あまり稼ぎのない仕事をずるずるとやめられずに、妻より豊富に余っている時間で育児の手伝いや家事(こちらは私がメイン)をしているのです。

 いつか、主夫が生きやすい世の中になればいいのにな~(←他力本願ですとも!)


 (おまけ)主夫に関する本まとめてみました。

発売日順はこちら(アマゾンに飛びます)
caste_men.png
<画像>「いらすとや」さま
ラベル:主夫 育児
posted by 40代にて初育児の主夫 at 11:48| Comment(0) | 主夫のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。