2018年12月20日

南青山に建設予定の児童相談所への反対意見について

 反対派の住民の意見がものすごく物議をかもしているようですね。
曰く
「青山のブランドが損なわれる」
「地価が下落する」
「問題のある子が増える」

 私も問題の土地の近くを通ることが何度もあり、ここ2年くらいずっと空き地になっている土地が表参道の青山通りの一本裏の通りにあったので何に使うのかな?くらいに思っておりましたが、それが今回の騒動の土地だと知って「あ~、あそこか~!」となりました(笑)

 今回の南青山の住民の意見には、なんだか下記のようなものすごい偏見を感じてしまいました。
①児相ができる②問題のある児童が来る③地域の学校レベルが下がる④青山のブランドが損なわれる
 ②→③は偏見だと思いますし、③→④なんかはこじつけに近いものを感じます。

 今は東京暮らしですが、出身は田舎で家の少なくとも10km圏内には私立の学校自体存在していなかったので、地域の児童・生徒はみんな同じ幼稚園、小学校、中学校に通っておりました。
 そうすると生活レベルの異なる子供が混在することになり、ファミコン持っている子、持ってない子、ファミコンどころか家にPC(当時は98というシリーズが主流)を持っている子など、バラエティに富んだメンツが入り乱れます。
 ウチにはファミコンはありましたがゲームボーイはなかったので持っている友達から借りたり、ファミコンが家にない子が遊びにきたり、PCを持っている友達の家に行ってこっそり友達のお兄さん所有のHなゲームを遊んでみたり(笑)したものです。

 何が言いたいかといえば、「児相に通う子供が表参道にいる子供と自分を比較してつらい思いをする」といった住民意見もありましたが、そんなことなんかなくて、結局子供は家庭の所得と関係なくお互い楽しく遊ぶものです。同じ生活水準じゃないから遊べない、なんて子供がいたら、おそらくそれは家庭内の教育の問題でしょう。

 また、家庭に問題がある児童と所得について調べれば、『我が国においては、家庭の経済状況と児童虐待との関係は余り指摘されてこなかったが、米国の専門家の間では児童虐待が貧困家庭で起こりやすいとの共通認識を持っている。(中略)貧困が児童虐待を起こしやすくしているという証拠は強固である。(参照:格差と子どもの育ち~家庭の経済状況が与える影響~, http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2009pdf/20091101086.pdf)』という調査もあり一定の相関関係を示す資料もありますが、相関関係はあくまで傾向に過ぎません。
 例えば最近話題になった三田佳子さんの息子の高橋祐也さんは世田谷区深沢(田園調布や自由が丘のすぐ近くの高級住宅地)に住んでおりましたし、それこそ青山で言えば授業料が高額でレベルも高いという青山学院大学中等部で起こったいじめ加害者主犯格として黒木瞳さんの娘の名前が上がりました。
 ということは、ブランドのある地域から児相を遠ざけたとしても、その地域から問題児童を完全に排除できることになるわけではないのですよ。ここに目をつぶってしまうと「児相→(中略)→地価の低下」みたいな偏見が解消されないと思います。

 そんなことよりも、いろんな家庭環境の友達ができるということによってダイバーシティの価値観を得ることができるかもしれません。また、お互いの所有物や環境の相違から子供が何かを発見したり、何かに気付いたりするヒントになるほうが教育にいいかもしれません。

 住民説明会ではいろんな意見があった中で、上記の発言だけピックアップされた感も否めませんが、やっぱり上記の発言は、それを言っちゃあおしめぇよ、な感じがありますね。
 まぁ、それだけではなく別の黒幕がいる説も浮上しているようですが…(参照:【直撃取材】「南青山児童相談所問題」の黒幕と噂の不動産会社『グリーンシード』に話を聞いてみた, https://rocketnews24.com/2018/12/19/1153289/)。この会社が住民を煽って、上記発言につながった、となったら別の問題になりそうですが…

 港区も『子育て中の人が集う子育て支援の拠点として、子育てをテーマにした多様なイベントの開催や子育てを支援する人のネットワークづくりの支援を行います。』(参照:広報みなと子育て特集号, http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/minato2018/201807/documents/20180711_tokusyu.pdf)といった新しい児童相談所施設で行われる地域活性につながるようなイベントの開催も訴えております。反対意見の地域住民も問題児童、生活支援、育児支援といった児相と関係するの負の側面だけに着目せず、このようなポジティブなイベントにも目を向けて、むしろ児童相談所を軸に、子供を対象にした地域イベントや子供用品を取り扱う企業や店舗の誘致などを促進させて、地域活性化を図るのもいいのではないでしょうか?

 児相に来るような児童を自分の子供から遠ざけ、周りのお友達と同じものを持たせて、生活水準も合わせて、教育レベルも高いレベルで同じにして…持ち物の配給を受けてるみたいだし、ダイバーシティを否定してるし…う~ん、ものすごく生活水準の高い、原始共産主義みたいだと思いません???


【今日のイクメン育児】今日の育児日記


posted by 40代にて初育児の主夫 at 09:00| Comment(0) | 主夫のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

「育児よろず情報vol.53」 室内ブランコ&ジャングルジム


 家の中でもたくさん体を使って遊べるように、屋内型のアスレチック遊具を導入してみました。これならば、雨や雪の日はもちろん、台風の日だって、夜の時間だって遊べます。
 およそ2メートル×1.4メートルなので家のちょっとしたスペースにも置くことができるものいいですね。
 また椅子などの家具に上られると本体ごと転倒するのが怖いですが、この遊具は安定した形状をしていますので、本体ごとの転倒は心配しなくてもよさそう。


アガツマ
 アンパンマン うちの子天才!
 ブランコパーク DX


 チャンネル登録をしていただけると非常に励みになります!
 よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓



音楽「HURT RECORD」


【今日のイクメン育児】今日の育児日記
ブログ&動画投稿しました。






posted by 40代にて初育児の主夫 at 12:10| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。