2018年01月12日

主夫を概観してみる。

 わたくしここ数年主夫をしておりますが、改めて主夫って何だろうと考えてみました。

 「主夫」は広辞苑に載っていないみたいです。広辞苑なる高尚で高価な書籍は家においてないのでネット調べです。(^^;)

 2017年には数年ぶりに広辞苑の大改訂が行われたことがニュースになりましたが、追加された新語を見ても主夫ってのってないですね。

 やはりあんまり日本では定着していないようです。

 これまでいろいろな記事でも愚痴をこぼしておりましたが、やはり今のところ少なくとも日本では主婦というのはあまり市民権を得ていない気がします。日本ではやはり一家の大黒柱を中心とする家族像が理想とされている感じがして、勝手にそのヒエラルキーを考えてみますと、
働くお父さん × 専業主婦
V
働くお父さん × 兼業主婦
V
共働き世帯(父イクメン・家事協力)
V
共働き世帯
V
専業主夫×ワーママ
V
兼業主夫×ワーママ


だと思うんですよ。勝手な主観ですけど…

 まずぱっと見でわかっていただけると思うんですが、今の日本の社会では父親が働くほうがヒエラルキーが上になっております。例えば、大学時代の集まりなんかで、「今俺主夫してんだよね」っていうとやはり何割かの人はえ~?大丈夫?みたいな反応をしてきます。(同期とかでないと知らない人が多いです。)

 そう、男が働いていないと、家の収入が不安定だと思われてしまうんです!「え~?」って言ってる人の何人かは絶対うちの妻より収入が下の人いると思うんですけど…

 次にこれも何となくの印象なんですが、上のヒエラルキー見てもらいますとわかるように、兼業主婦・兼業主夫よりも専業主婦・専業主夫のほうが上位に来ているように感じます。
 専業主婦に関しては、奥さんが旦那さんに楽をさせてもらっているいい家庭、というニュアンスがあり、これもやはり家の働き手は男で一家を養うだけの頼りがいがなければならぬという日本の伝統的慣習(もはや信仰?)を感じさせます。

 一方で、主夫のほうはと言いますと、兼業で主婦をやっていると、もう奥さんのほうが収入が多いんだからいい加減その仕事諦めたら?とか主夫としての覚悟が足らん、的な空気(というか直接ではなくてネットや文章から)の圧力を感じます。すいません。こっちはほとんどわたくしの思い込みに近いですが…

 わたくしはそのヒエラルキー最底辺の兼業主婦をしております。
 あまり稼ぎのない仕事をずるずるとやめられずに、妻より豊富に余っている時間で育児の手伝いや家事(こちらは私がメイン)をしているのです。

 いつか、主夫が生きやすい世の中になればいいのにな~(←他力本願ですとも!)


 (おまけ)主夫に関する本まとめてみました。

発売日順はこちら(アマゾンに飛びます)
caste_men.png
<画像>「いらすとや」さま


ラベル:主夫 育児
posted by 40代にて初育児の主夫 at 11:48| Comment(0) | 主夫のボヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。