2018年01月18日

ヒルドイドの効き目 ― ヒルドイド vs. あせも&毛穴の赤み

 息子が生まれてすぐに顔中ブツブツの肌荒れを起こし、医者からヒルドイドを処方してもらったことを以前に記事に書いたことがあります。あの頃は美容液代わりに入手したがる人が話題になっており、テレビのニュースなどで連日取り上げられておりました。

 そんなタイミングで息子がお医者さんからヒルドイドローションを処方してもらったものだから、当時は「これは今話題のヒルドイドじゃないか!」と面白がってブログでも紹介したものです。


 そのヒルドイドも今やすっかり話題にも上がらなくなっておりますが、最初に処方されたヒルドイドがまだ余っており、今は胸や背中にあせものようなものが出ているのでそこに塗り続けております。

 息子のあせも的な赤い肌荒れはなかなか治らないのですが、意外なところでヒルドイドの薬効が確認できました!

 息子もようやく2か月の赤子なので体が小さく、少量を手に取って塗るのですが伸ばしきれず余ることがあるのです。その時に私は余った分を自分の胸にこすりつけておりました。

 というのもわたくしの胸には胸毛が生えており(なんか汚い話ですみません…)毛のせいで蒸れやすいのか胸毛の周辺だけ毛穴が赤くなっております(汚い話で重ね重ね申し訳ございません…)。

 その毛穴の赤みがなにやら薄くなってきたのです!


 炎症に対して効果がみられました。ヒルドイドは美容保湿クリームではなくてやっぱり医薬品として使うべきですよね。

 これぞ正しい使い方!っていうか自分に効果を出すんじゃなくて早く息子のあせも的なヤツ直してくれよ→ヒルドイド

DSC_0042.JPG


posted by 40代にて初育児の主夫 at 16:44| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。