2018年04月03日

約五か月。うちの子の言葉とは

 わたくしブログを宣伝するためにブログサークルを利用させていただいているのですが
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

そのブログサークルで相互フォローさせていただいているかたの「1歳8ヶ月の息子、言葉と親の認識と★」というブログ記事を読んで、そういえば私は比較的子供と共にする時間が長い割に何を言っているのかよくわかってないことにに気づきました。

 うちの息子もいろいろしゃべってなんか私たちに伝えようとしているのですが、私は何を言おうとしているのかよくわかりません。(妻はわかってんのかな?)
 が、考えてみるといくつかパターンがあるのに気が付きました。

①こちらに向かってもにゃもにゃ訴えるパターン
 ねうーとかうにゃーとかうねうねとかいろいろ言うのですがどれも意味不明。

②猿のようにウキーとかウキャーとか言うパターン
 テンション高めの時に多いです。

③②が発展して叫び声に近いパターン
 文句や訴えがある時に多い気がします。ほっとくと最後は泣きます。

④くちびるをブルブルふるわせるパターン
 何を言っているのかはわかりませんが神妙な面持ちでやります。よだれを拭くのが大変です。顔を近づけるとものすごくツバが飛んできます。

⑤ア~ンとク~ンとかカワイイ声を出すパターン
 男の子なんだから…アッチ方向行かないか心配になります。言っている意味はわかりませんが近くの大人をメロメロにします。

 分類してみたものの…やはり何言ってるのかよくわかりませんね(笑)


akachan_nango.png


<画像>「いらすとや」さま


【今日のイクメン育児】今日の育児日記



ラベル:言葉 主夫 育児
posted by 40代にて初育児の主夫 at 14:24| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。