2017年12月26日

青山クリスマスフォレスト@神宮外苑

 今年生まれた息子は今回が初めてのクリスマスです。

 妻側の両親にとっては実は息子は初孫です。向こうのお父さんお母さんは張り切ってクリスマスお食事会を企画してくれました。

 子供が生まれるとなかなか外食する機会もなく、家での食事が多くなります。個室を予約してくださりとてもリラックスして食事が楽しめました。小さい子供がおりますので個室は本当に助かりました。泣かれたときに心強い限りです。
 今日はお外で泣かなかったけどね。

 息子よ、よくやった!

 で食事会も終わり家に戻ろうかというところで妻が、「来るときに外苑の草野球場ででかいツリーが見えた!」というので(俺は見なかったぞ、本当かいな、無駄に歩かされたら寒いしいやだな)などと思いつつベビーカーを転がして外苑前の草野球場まで行きますと、本当にでかいツリーがあるではありませんか。

 妻よ!よく見つけた!

aoyamaCF.jpg

 青山クリスマスフォレストというイベントだそうです。いろいろお店も出ていました。クリスマスマーケット的なイベントのようですね。いろいろ見ているとホットワインを売っているお店を見つけました。

 実は妻のご両親はそれほどお酒を嗜まれない方々なので、さっきの食事会ではあまり飲めなかったのです。しかも寒い屋外というシチュエーションとも相まってとってもうまい!

 中をうろうろ回ってみるとホットワインをいただいた軽食のお店、ワインのお店、クリスマスリースのお店に加え本屋、日本酒、お茶のを扱う店舗など、個性的な感じの出店もありました。

 ほかのクリスマスマーケットのように激混みではなく、ベビーカーでも周囲に迷惑になることなく移動できたのがとてもよかったです。芝生ですのでよその幼稚園くらいのお子さんなどでんぐり返ったり走ったりして遊んでいたのですが、それくらい空いており穴場な感じでした。

 今年から始まったのですかね?何年かたっちゃうと知られちゃって六本木ヒルズや日比谷公園みたいに人ごみのイベントになってしまうかもしれませんね(来年以降も企画されているか知りません)。

 12月22~24日のイベントですので今年はもう終わってしまいましたが、来年、チェックしてみてはいかがでしょうか?


posted by 40代にて初育児の主夫 at 17:19| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

お宮参り後編「祝詞」@明治神宮神楽殿

 前編からの続きです。

 写真スタジオ「らかんスタジオ」でお祝い着をレンタルし、いざ明治神宮にお宮参りです。ベビーカーを用意してきたのですが、近いし天気はいいのですが気温は案外寒く、まだ月齢1月ですので大事をとってタクシー移動にしました。
 タクシードライバーさんにベビーカーを載せてもいいか聞き、明治神宮北門に向かってもらいます。北門の警備員さんにお宮参りと伝えると、神楽殿までタクシーで入ることができました。北門から回るのがおススメかも。

 初穂料は5,000円からでした。10,000円以上収めるとお札やお食い初め膳もいただけるとのこと、せっかくなのでお札をいただきましょう。

 待合スペースにいると、すでに先客のお宮参りの赤ちゃんがおりました。いろいろと情報交換すると、その方はお祝い着をネットで購入されたとのこと、気合が入っておりますな!
 受付のタイミングが良かったのかそれほど待たされることなく、祝詞の時間になりました。一通り作法の説明を受け祝詞が始まります。
「かしこみかしこみも申す。××(住所)の○○(我々家族の名前)の~~~」
 念仏と違って祝詞は日本語なのでわかりやすいですね。そうこうしているうちに我が子がぐずりだしました。今までおとなしかったのにこのタイミングかい(^^;)
 おむつをチェックすると…交換が必要なようです。儀式の最中なので出るのもどうかと思い、子どもを抱き上げ部屋の隅っこのほうで横揺れ、縦揺れ、横抱き、縦抱き、変顔等頑張ってあやしているとお神楽奉納です。シャン、シャンという鈴の音が、なんか神道って感じがしますね~。
明治神宮お宮参り.jpg

 祝詞奏上ののち巫女さんからお食い初め膳などをいただきました。急いで受付のお姉さんにおむつについて聞くと地下一階に授乳、おむつ交換のスペースがあるとのこと。

 一通りおむつやミルクなどを与えて落ち着かせて、お祝い着の返却に写真スタジオに戻ります。こちらも受付の方にお話しするとタクシーを呼んでくれるとのこと。神楽殿からみえる鳥居を出たところにタクシー(迎車)が来てくれました。ドライバーさんが気を利かせてくれて神楽殿脇まで車を回してくれたため、赤ちゃんはほとんどドアtoドアで写真スタジオと明治神宮の往復ができました。

 午前中から出発したのですが、お祝い着の返却&写真の購入後家に帰ると夕方。ほぼ一日がかりでしたね~。

 神楽殿の設備ですが、神楽殿の地下一階降りてすぐのおおきな広間が授乳スペースとして開放されておりました。調乳用のお湯とお水も使用でき、助かりました。妻によるとおむつ交換台は女性用トイレにしかなかったそうです。私もトイレを利用して男性用も確かめておけばよかったのですが、お父さんだけでお宮参りに行くときは気を付けたほうがいいかもしれません。

持ってったもの:
哺乳瓶、お湯、スティックミルク、おむつ、おむつ交換用使い捨てシート、おしりふき、寒さ対策のブランケット、ベビーカー(使った)
念のための着替え(使わなかった)
posted by 40代にて初育児の主夫 at 16:02| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

お宮参り前編「スタジオ写真」@Laquan Studio(らかんスタジオ)

 産後ケア入院で長いこと病院におりましたので(記事「退院」参照)、退院してすぐにお宮参りの時期です。
 退院時は写真用(ネタ用?)のベビーウェアを用意していたのですが、一回しか着ないお宮参り用の祝い着をさすがに購入するのはどうかというのもありますのでレンタルしましょう。

 ということで原宿にあるLaquan Studio(らかんスタジオ)に予約を入れ、祝い着のレンタルとともに、家族写真を撮ってもらいました。
 祝い着を見せてもらい最後の二つで悩んでいると撮影用とお宮参り用でそれぞれレンタルされてはと勧められ、結局両方レンタルすることにしました。
 そして撮影時のカメラマンさんがすごかった!月齢1月の乳児、当然言葉は通じません。どうやってカメラ目線を作るかと言ったら…
① 両親とともにカメラのほうから名前を呼ぶ(まだ自分の名前もわかってないと思うが)
② 音の出るものを鳴らす
③ 「ホーゥ」的な奇声
④ プルルルルルと唇を鳴らす
とにかく大きな音を出し興味を引くのです。こりゃ専門のカメラマンでないとできんわ。

 最後にカメラマンさん、「ちゃんとこっちを向いてくれて、えらいですね~。」などとほめてくれましたが、いえいえ、ほとんどあなたさまのおかげ様でございますです。
 ただお話を聞くと中には泣き止まない子、ぐっすり寝てしまい起きてくれない子などもいるようでなかなか大変なお仕事のようでした。

 この後スタジオ近くの明治神宮にお宮参りに行くのですが長くなるので「後編」で。

 お宮参り後スタジオに戻って衣装を返却し、写真から商品を選びます。らかんスタジオのホームページを見ると値段が書いてあるのですが、撮影料金はわずか500円。大きい写真にしてくれる、アルバムにしてくれる、といったの商品がメインの料金になります(エクストラ料金がかかる衣装なども)。お手頃なものから非常に高額なものまでありますので、ご予算に合わせてといった感じです。我々はUSBメモリで全データが頂けるものにしました。

 最後に施設になりますがおむつ交換台がありました。授乳室はありませんでしたので、授乳ケープかミルクを用意するとよいかもしれません。

持ってったもの:
哺乳瓶、お湯、スティックミルク、おむつ、おむつ交換用使い捨てシート、おしりふき、寒さ対策のブランケット、ベビーカー(使った)
念のための着替え(使わなかった)

rakan.png
posted by 40代にて初育児の主夫 at 17:28| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

STOKKE無料撮影イベント@Aoビル

 表参道にありますAoビルの1Fにストッケ青山店が11月23日にオープンしたことを記念するイベントとして、プロのカメラマンさんに無料で家族写真を撮影してもらえるフォトイベントが開催されておりました。
 せっかくなので撮影してもらいました。
stokke_free.jpg
 写真を見てもよくわからんと思いますが、うちの息子きちんとカメラ目線ができました。えらい!

 ちなみにうちは
「育児よろず情報Vol.3」 ベビーカー」

「育児よろず情報Vol.4」 チャイルドシート

「育児よろず情報vol.8」 ストッケのベビーカーとチャイルドシートの互換性
といった記事を挙げている通り、ストッケのユーザーです。

 無料撮影のついでに「トリップ トラップ」という幼児用の椅子の営業をしっかり受けてきました。心が動きます。一緒に食卓が囲めたらいいだろな。

 ストッケのロゴを消したら年賀状に使えるかななどと妻と話しつつ、お隣の「俺のフレンチ・イタリアン」でお店の人に幼児連れでも問題ないか聞くと快くお店に通していいただけました。

 周りの方にご迷惑を掛けたらどうしようと心配しておりましたが、結構私たち以外にも子連れのお客さんがいらっしゃり心強い限りでした。おそらくストッケのイベントの影響でしょう。

 食事後にぐずる息子のおむつ替えをしました。2~4階フロアには障碍者・幼児用トイレがあり、作業台の上で楽々とおむつ交換ができました。広さも十分あり、ベビーカーをトイレ内に入れることができました。
 ただ授乳室はないようですね。残念。

 すこし建物内を回るとベビー用品を扱うお店などもあり(お店の名前は忘れた^^;)、STOKKEの新規オープンなどとも併せて考えるに、Aoビルは子供世帯向けに寄せつつあるのかな?といった感想を持ちました。
ラベル:ストッケ STOKKE
posted by 40代にて初育児の主夫 at 18:44| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

アカホンデビュー!赤本じゃないよ

 受験生のころは「あかほん」といえば大学入試の過去問対策でお世話になった赤本のことを指しておりましたが、わたくしにとってのあかほんはここ半年で「あかほん=アカチャンホンポ」という新しい公式に置き換わりました。
 
 本ブログの動画で上げている「赤ちゃんの出産に先立って準備したもの」シリーズで購入しているものの半分はアカホンで入手しております。

 わたくし都内在住なのですが、都内の人間にとって最も便利なアカホンは五反田TOC店ではないでしょうか。

・何より山手線周辺では数少ない大型のベビー用品・子供用品店であること
・山手線沿線であり、シャトルバスが出てるため移動が容易
・駐車場があるため、大量購入や大きいものの購入に便利
・車を持ってなくても郵送できるので電車で来ても大量購入や大きいものの購入に便利

という点で便利に使わせてもらっています。

 抱っこ紐等まだ購入していないものもありますし、いろいろイベントも開催されているようなので出産後に遊びに行ってみるのもいいかなと今から楽しみにしております。

 TOC自体も秋葉原ラジオ会館や中野ブロードウェイの大型バージョンみたいで面白い作りになっており、おすすめです。
DSC_0036.JPG
posted by 40代にて初育児の主夫 at 14:50| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。