2018年03月15日

途中から急に育児路線?「僕の小規模な生活」

 前回紹介した「ママはテンパリスト」で少し触れた「僕の小規模な生活」(福満しげゆき)です。


 こちらの「DMM.com 電子書籍」をはじめとする電子書籍サイトで試し読みができるので是非読んでみてください。




 
 前回紹介したので、という感じで紹介しているのですが、面白くないわけではないのです。わたくしは妻が妊娠・出産する前から本作の読者です。

 ただ育児まんがとして読もうとするとちょっと違うのが本作なのです。というのはこの漫画は作者の日常を切り取って描く系の漫画として始まっており、後半の巻に進むまで福満先生にはまだ子供が産まれてらっしゃらず、出産後から子供に視点が移り、育児も漫画のテーマに追加されるって感じになります。

 しかも後半も途中から作者の過去の回想漫画になるため、再び子供が出てこなくなります(笑)


 ただ、女性作家による育児まんがに比べて男性視点から赤ちゃんについて描かれている漫画は数が少ないため、男性から感じる子育てってこんな感じだよね~っていう共感が得られる、数少ない貴重な作品であるのは間違いありません。


 とは言えわたくしも購入時はそもそも育児まんがとして読んではおりませんでしたし、今でも育児まんがかと問われれば違うかな?と答えるだろう内容であるため、これまでブログで紹介することは考えてはおりませんでした。

 前回たまたま「ママはテンパリスト」のブログ記事で名前を出したため、ブログに書くことを思いついたくらいです。


 とは言えまだ超売れっ子マンガ家とまでいかない(失礼!)けど、メジャー青年誌で連載を持っている漫画家の日常生活や心の葛藤に興味がある方には非常に興味深い作品です。
 そういう方には僕の小規模な生活の前作に当たるメジャーデビュー前からが描写されている「僕の小規模な失敗」と併せて読むと、楽しんでいただけること請け合いです!







【今日のイクメン育児】今日の育児日記


posted by 40代にて初育児の主夫 at 10:00| Comment(0) | 主夫・育児系の本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

ここ数年の育児まんが成功の基準?「ママはテンパリスト」

 以前紹介いたしました「おっぱいがほしい」「まんが親」と異なり男性側の視点で描かれている作品ではありませんが、ここ数年の間で出版された育児まんがの代表格といえる漫画がこれから紹介させていただく「ママはテンパリスト」(東村アキコ)です。

 こちらの「DMM.com 電子書籍」をはじめとする電子書籍サイトで試し読みができるので是非読んでみてください。




 すでに読まれたことのある方、むしろ自分もすでに持っているぜ!という方も多いと思います。
 何せドラマや映画の原作も多く抱える売れっ子マンガ家の東村アキコさんの作品ですからね~。


 まだ読んだことがない方がいらっしゃるのでしたら、その方には強くお薦めします!


 この漫画の何がすごいかといえば、さすが漫画家さんこれうちの子にもあてはまるわ~、みたいなのをすごく説得力のある描写で書いてくれるので非常に共感できるのです。

 例えば「おっぱいおっぱい」と言いながらごっちゃん(東村さんの息子さん)近づいてくるコマなど、うちの子はまだ歩けないししゃべれもしないのですが、手の振り方などは「これこれ、この感じ!」って思いながら読んでおりました。また、エイリアンみたいに跳びかかってくる、というコマも、うちの息子はまだ小さいので跳びかかることはできなくても、おなかがとても空いているときなどものすごい形相でおっぱいに吸い付いてくるのでこれも同じだなぁ、と思いながら読んでしまいます。

 わたくしが文字で書いたところで描写の「あるある」感は伝わらないと思いますが、実際に該当するコマを読んでいただければおわかりいただけると思いますので、気になった方はこの機にぜひ読んでみてはいかがでしょうか。


 また、前回紹介した吉田戦車さんの「まんが親」では売れ筋育児まんがの目標としてテンパリストが言及されておりますし、まだ紹介しておりませんが福満しげゆきさんの「僕の小規模な生活」では育児路線に切り替える際にテンパリストを目標にしている描写から、途中から仮想ライバルに設定していた東村アキコさんが売れっ子マンガ家になってしまい仮想ライバルから外す描写などがあり、当時の育児まんがの成功基準として他の漫画化にも認識されているさまが見て取れます。

 上記の扱われ方を見ればテンパリストが同業者から見てもいかに面白く、そして一般読者に受けて購入され、育児漫画の成功基準となったかがわかるといったものです。
 冒頭に育児まんがの代表格と書いたゆえんがここにあります。


 ということで、まだ未読の方がいらっしゃいましたら、ぜひご一読を。






【今日のイクメン育児】今日の育児日記
posted by 40代にて初育児の主夫 at 17:20| Comment(0) | 主夫・育児系の本・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

一時保育デビュー!?

 私も妻もお世話になった恩師ともいうべき方の講演の予定があり、二人とも参加したいがどうしようと考えた結果、一時保育を使ってみようか、という案が出たため、早速探しました。

 探してみると1時間1,000円もかからず預かってもらえる一時保育施設を見つけたため、見学に行ってさっそく登録してきました。

 で、近々こういう予定があるのですが、今から一時保育を予約できますか?と聞いてみたら、0歳児週末は毎週混んでいて、キャンセル待ちですよ~、という回答でした。

 なるほど~週末が混むのはわかりますが、0歳児も混むんですね~。

 二週間以上前なのにもうキャンセル待ちかい!


 しかし諸々の事情を勘案するとこの施設を使うのが一番で、他に代替案は思いつかなかったため、キャンセル待ちで予約することにしたのです。


 週末は混むからとりあえず予約している人とかもいるんだろうな~。週末近くになればそういう人がキャンセルしてくれるかな~などと思いながら日がたつこと2週間ちょい、結局キャンセル待ちのまま預けることができませんでした(笑)


 ということで息子の一時保育デビューは見送りです。私とともにお家でお留守番をし、代わりに妻が講演に出席&あいさつしに行ってくれました。


 保育園に行く前に親から離れた状況に息子が対応できるか見てみたいですね~。泣くかな?意外と順応するかな?


kids_jidou_club.png



【今日のイクメン育児】今日の育児日記
posted by 40代にて初育児の主夫 at 10:00| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

息子の2回目の予防接種!…のはずが…ぎっくり腰に加えて!!

 前回、初めて予防接種に行った息子ですが、今回2回目の予防接種を受けに行きました。


 初めての予防接種でギャン泣きをかましており、その様子を楽しみにして家族みんなで病院に行く予定だったのですが…

 いや、妻と息子と一緒に病院に行ったは行ったのですが、実はわたくし先日ぎっくり腰をやっておりまして、妻にせっかく病院行くんだから医者に診てもらって来いといわれ、息子の予防接種の様子を見ることができなかったのです!!!


 予防接種の後に受けに行くからと主張したのですが、妻一人で十分だというのと、遅くなるからいやだとのこと。まぁ確かに病院に長くいても病院に診察にいらっしゃった他の患者さんの風邪などをもらって帰ってもよくないので、別行動でひとり整形外科へ行ったのです。


 受付後しばらく待っていると、わたくしの診察の番になりました。

 お医者さんにギックリ腰のついでに最近気になっていた肩の痛みについて相談してみました。最近筋トレをしたら右肩が痛くなってしまいました。その後一定の可動域を超えたところまで肩を上げたり後ろに引いたりすると痛みが走るので、スジかなんか痛めたのかな~?と気になっていたのです。


 お医者さんに両方のレントゲン写真を撮ってもらい、診察です。で、腰痛については特に骨の損傷等は診られないのでシップを出しておきましょうということでした。大ごとでなくてよかった~。

 で、肩についてなんですが、診察の結果「五十肩」と言われてしまいました(笑)

 …え?五十肩?まだ40代なんですけど…いや、診察あってます?わたくし筋トレをして肩を痛めたのでスジとか神経かなんか痛めてるんではないかと思うんですが…、と訴えてみたのですが、お医者さんいわく、普段やっていない運動をやって痛めた後、可動範囲が狭くなるのは筋肉の衰えによるもので、特に肩が動かなくなるものは五十肩だそうです。痛いからと言ってそのままにしておくと戻らなくなるので痛くても可動範囲より多く動かしてストレッチしてください、と言われました。


 大ショック…!


 出してもらったのは妻の実家にあったのと同じモーラステープでした。ただ、やっぱり病院の葉薬効が違いますね。薬効成分が3倍です。赤い彗星です!

家にあったやつ
IMG_2112.JPG


病院で出されたやつ
IMG_2113.JPG


 数字が40mgから120mgになっております。こいつは効きそうだ!


 で息子のほうはやはり予防接種でギャン泣きをし、予防接種後私を待っている間、一回泣き止んだのに注射を思い出したのか途中でまたギャン泣きを再開して面白かったとのこと、見たかったなぁ~
posted by 40代にて初育児の主夫 at 10:00| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

ぎっくり腰、やってしまいました…!④

 前回のギックリ腰発症二日目、三日目に引き続き四日目以降とまとめです。


四日目以降
 四日目は調子に乗って家族で買い物に出かけました。ベビーカーを押しながら、いやむしろベビーカーを杖代わりにして寄りかかりながら買い物しました(笑)。そして仕事にも復帰(主夫ですが、兼業主夫なのでちょっとした仕事があるのです)。
 五日目は自転車に乗ってみる。って言うかこのあたりからぎっくり腰発症前にやっていたことはほとんど全部できるようになりました。じゃあ腰の痛みは完全に回復したのかといいますと、腰にず~~~んと「重度の」疲労感がまとわりつくような重―い感じが残ります。でも痛みの程度で言えば初日とは比較にならないくらい軽いです。「重度の疲労」以上、「激痛」未満といった感じでしょうか。

 ということでぎっくり腰発症前程度まで体を動かせるようになるまで大体5日ぐらいかかるという結果になりました。



ぎっくり腰でわかったこと

①ホントにいきなり来ます。このブログを読みにいらした方の多くは育児中(もしくはぎっくり腰発症直後の人もいらっしゃるかもしれませんね)だと思いますが、本当にお気を付けください。赤ちゃん・子供を抱っこしたり下ろしたり、制止したり、捕まえたり、知らず知らずのうちに腰に疲労がたまっているかもしれません。
 私の場合は直接の原因は重い家具を持ったためだと思いますが、おそらく子供の重みによる腰への負担が(自覚症状なく)蓄積していたのだと思います。夫婦で作業を分担して、もしくマッサージや温泉旅行に出かけたり、できるだけ疲労をためないようにしてみてくださいね~。

②痛み止め系の常備薬はあった方がいいですね。今回たまたま妻の痛み止めが残っていたので助かりましたが、妻が出産直後でなければ今回使った薬は家にはなかったはずです。市販の痛み止め系の薬を常備しておくことをお勧めします。

③動かした方が回復するとネットに書いてありましたが、実際に動ける範囲のことからやっていると(絶対安静より回復しているかについては較べれてないのでわかりませんが)自分の体がどこまで回復したかが判りやすいです。今回記事にして書いてみると、改めて1日目2日目の症状と、4日目以降では全然違うことが分かります。
 あと、ギックリ腰では腰以外の筋肉は傷めていないはずですが、絶対安静にしていたら怪我の無い体の部位まで筋肉が衰えてしまうことでしょう。
 今回はギックリ腰発症中のなかでも動ける範囲で動いたことで、他の筋肉が衰えることは防げたんじゃないかな~と思います。

④トイレの後お尻を拭くとき、今まで右手で右から拭いてたのですが実は左からの方が体が柔らかく拭きやすかった!
 汚い話ですみません(^^;)。でもこれって腰が回せなくなったから初めて気が付いたことでした。体の柔らかさは左右対称ではないことが分かりましたし、右利きだから右側のほうが柔らかいというわけでもないということもわかりました。意外ですね。

⑤妻に感謝!記事中でも紹介したとおり、腰痛の最中にいろいろアシストしてもらったり、食事を買ってきてもらったり等、世話をかけてしまいました。独身の時に今回と同レベルのギックリ腰をやったらと思うと…動けず、食事もできず、痛み止めもなく…想像するだに恐ろしい…

⑥タンパク質も効いているかも。こちらも想像の範疇でしかないのですが、カステラ(卵)、焼き鳥など腰痛発症直後で動けなかった時に妻に用意してもらって食べていましたが、ギックリ腰は別に病気ではないので胃腸は健康で何でも食べられるはずです。(痛みのあまり食事をとるのがツライ、いうことはあるかもしれませんが。)
 ギックリ腰は腰の筋肉のダメージですのでので筋肉の材料となるタンパク質系の食事で破壊した腰の筋肉を修復できるのではないかと思います。


 今回記事を4回に分けるほどの長くて読みにくい文章になってしまいましたが、ギックリ腰をされた方、腰に疲れがたまっていて気になる方に何らかの情報が提供できれば、幸いです。
皆様お気をつけてくださいね~。

前回までのギックリ腰関連の投稿
ぎっくり腰、やってしまいました…!①
ぎっくり腰、やってしまいました…!②
ぎっくり腰、やってしまいました…!③

youtsu_man.png




【今日のイクメン育児】今日の育児日記
posted by 40代にて初育児の主夫 at 09:37| Comment(0) | 育児あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。